豆乳の効果はエストロゲンと似たような働きをする!

豆乳の効果はエストロゲンと似たような働きをする!

豆乳とエストロゲンには似ているところがある!

豆乳には女性にとっては欠かせないエストロゲンと似た働きをする
「大豆イソフラボン」が含まれていると言われていますよね。

 

もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが
豆乳に良いイメージを持っている方でも
具体的に豆乳の何がどのように体にとって、
美容にとって良いのかというところ詳しくご存じない方もいらっしゃると思います。
そこで豆乳のどんな成分が体に嬉しいのかを一緒に見ていきましょう。

 

豆乳って一体何?

豆乳と言うのは、一般的に蒸したり水浸しにしたりした大豆からその脂肪分を絞ったものの事を指します。厳密には、「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3つに分配されます。これらの3つの導入の中で最もカロリーが低く糖分を後から加えられたりといった味を変えるような加工が施されていないのは無調整豆乳です。無調整豆乳は大豆の絞り汁以外何も加えていない豆乳で、大豆の固形分を8%以上含む事とジャス企画で規定されています。つまりほぼ大豆を食べているに等しいほどの効果が期待できるというのは無調整豆乳の魅力のポイントなんですね。
ちなみに調整豆乳はこれにしようやお砂糖などを加えて飲みやすくするための味付けをしたものです。そして大豆の固形分は6%以上と規定されています。さらに豆乳飲料の場合は調整豆乳に果汁や香料や紅茶などのフレーバー(風味)を加えて味付けをしたものですか15含んだものは大豆固形分が2%以上、それ以上はそれ以外は大豆固形分4%以上を含有することと決められています。

 

このような種類に分けられている豆乳なのですが、豆乳の効果についても見ていきましょう。
成分からその効果を詳しく見ていきたいと思います。

 

葉酸

豆乳には葉酸も含まれています。赤血球の合成に関与していて、
不足すると貧血になることもあります。
また細胞を作る際に必要不可欠な栄養素なので
特に細胞分裂が盛んな胎児では必要とされています。そのため妊娠の可能性のある女性が特に意識して取りたい栄養素なんです。

 

ビタミンK

血液を固める凝固因子と呼ばれる物質を活性化する働きを持っていて、
止血を助けてくれます。また、骨を作ることを助ける働きもあるのがビタミンKなんです。

 

また豆乳には金属成分である銅も含まれています。
血液を作る際に鉄をうまく利用できるように助ける働きがあるんです。
ヘモグロビン(赤血球)を作る際には必ず必要な物質とも言われています。
また体内で細胞の代わりに参加してくれることで
細胞の酸化を抑える働きや骨を作るのを助ける働きがあるんだそうです。

 

モリブデン

モリブデンも豆乳の中には含まれています。
エネルギーを作るのを助ける酵素の成分となって、
糖質や脂質の代謝をサポートする働きがあると言われています。
また血液を作る際に哲郎西有効利用できるように助けたり
尿酸を作り出したりする働きもあるんだそうですよ。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、豆乳を毎日のように飲む女性にとっては
これが取れるから飲むと言う方がほとんどではないかと思います。
そのくらい有名な成分ですね。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような構造をしています。
多くの女性は閉経後にエストロゲンが量が低下してしまいますので、
その分抜け毛になったり乳がんになったりする可能性もあります。
のぼせ、イライラ、骨粗しょう症などの予防にも効果が期待できるのはイソフラボンなんですね。

 

豆乳の効果と飲み方の注意点

またこれらの成分の具体的な効果としてはやはりダイエット効果や生活習慣病予防、
そして何よりも女性にとっては1番嬉しいと思われる生理周期を整えて体調を安定させてくれたり、
更年期障害を予防してくれたりといった働きがあります。

 

そして豆乳は無調整豆乳の場合200cc1杯あたりのカロリーが
低脂肪乳とほぼ同じ95キロカロリーと非常に低カロリーですので、
その分ダイエットにも効果的なんですよ。
ただし豆乳を撮るときにちょっと気をつけなければいけない部分もあります。
それは豆乳の「飲み過ぎ」なんです。
それは大豆イソフラボンのサプリなどを飲まれている方が豆乳も一緒に飲んでしまうと
大豆イソフラボンの過剰摂取になるんです。

 

そうすると本来はエストロゲンの働きを肩代わりしてくれてホルモンバランスを整える
存在である大豆イソフラボンなのですが、
逆にホルモンバランスが狂ってしまって、その結果としてPMSなどの健康被害が出ると言われています。

 

仮にサプリメントなど一切使っていない方でも、
上限を1日300ミリリットルおよそコップ1杯半までにして
イソフラボンのサプリなど飲まれている方は豆乳で摂るかサプリで摂るかかどちらかにしましょう。

 

また、調整豆乳や豆乳飲料などは砂糖で味付けをされているため
無調整豆乳よりも高カロリーになります。
味が苦手という方でも一応は無調整豆乳を飲まれることをお勧めしますが、
無調整豆乳を買ってきてハチミツや100%ジュースなどで味付けをすると
ビタミンやミネラルも摂取できてお勧めですよ。